自己破産したら車は?ローンは?【債務整理の前に頭に入れておくことまとめ】

自己破産したら車は?ローンは?【債務整理の前に頭に入れておくことまとめ】

自己破産したら車は?ローンは?【債務整理の前に頭に入れておくことまとめ】

自己破産は抱えている債務の全てが免除されるメリットがありますが、デメリットには債権回収のために財産を失う可能性があることがあります。車や住宅など自己破産によって差し押さえられてしまうことになりますが、自動車ローンの返済途中の場合には車の引き上げが行われます。一般に車を購入すると販売店の自動車ローンを利用しますが、主に信販会社がローンを提供しています。信販会社のローンには完済するまで所有権保留が付けられているため、車検証の名義は信販会社となります。購入者は使用者となりますが、自己破産をすると信販会社が車を引き上げにかかるのが基本となります。簡単に言えば信販会社に車を取られてしまいますが、信販会社は車を処分して損失の補填を行うのです。引き上げの要求があった場合には拒否することはできませんので、従うしか無いのが現実です。借金を免除してもらう代わりに財産を失うのが自己破産の特徴ですから、仕方がない状況といえます。銀行の自動車ローンを使用していれば所有権保留はありませんが、所有権保留がなくても20万円以上の価値がある車は処分されてしまいますので、実質的に車を残すことは困難となります。もちろん車だけではなく住宅や現金、預貯金も処分の対象となりますので、借金がなくなる代わりに失うものも多いのです。当然ですが自己破産を行うと一定期間は自動車ローンを利用することができなくなりますので、信用情報機関から自己破産の登録が消えるまでは購入も難しくなるのです。