自己破産の費用を詳しく知りたい※スムーズに借金問題を解決する方法

自己破産の費用を詳しく知りたい※スムーズに借金問題を解決する方法

自己破産の費用を詳しく知りたい※スムーズに借金問題を解決する方法

自己破産は、借金の残高のほうが本人の返済能力を上回り、返済が困難となってしまった場合に、裁判所に申立をして債務の支払いを免除してもらうための手続きです。
自己破産を行うにあたっては、弁護士か認定司法書士に依頼をするのが通常ですが、これらの専門家の報酬として数十万円単位の費用が必要となるため、もともと経済力のない人にとっては、その支払いだけでもかなりハードルが高いといえます。
このように、経済的な理由で費用の負担ができない人を支援するため、国の主導によってつくられた日本司法支援センター、愛称で法テラスとよばれている機関では、民事法律扶助の仕組みを設けています。
民事法律扶助では、自己破産の手続きをする前段として、無料で弁護士などによる法律相談を受け付けており、この無料相談で方針が決まった場合には、裁判所に提出する関係書類の作成などを含めて、弁護士・司法書士の費用の立て替えをしてもらえます。
ただし、民事法律扶助を受けるためには、たとえば1人世帯の場合には月収が18万2千円以下であるなど、本人および配偶者の収入や資産が一定の金額以下であることが条件となっています。
このような制度を利用すれば、たとえ即座に弁護士や司法書士に支払うだけのお金が準備できなかったとしても、自己破産の手続きを進めることが可能になります。
なお、民事法律扶助により立て替えられた費用は、以後原則として毎月1万円ずつ返還する必要がありますが、生活保護を受けているなどの特殊事情がある場合には、返還が猶予されます。