自己破産したらクレジットカード使えない?※知らないと困る債務整理の知識

自己破産したらクレジットカード使えない?※知らないと困る債務整理の知識

自己破産したらクレジットカード使えない?※知らないと困る債務整理の知識

債務整理法の中でも、借金の返済義務をなくす事が出来る方法が、自己破産です。
ただ、デメリットも多い方法として有名です。
実際に自己破産したら、生活に大きな影響が出るかどうかは、自己破産を行う人の財産や仕事の状態によって大きく変わってきます。
自己破産をしたら、全員に出る影響が、免責が認められてから10年程度、新たに借り入れが出来ない、クレジットカードを作る事が出来ない状態が続く事です。
自己破産したら、金融事故として、信用情報に書き込まれ、それにより様々な審査に通らなくなります。
書き込まれた情報は、10年程度で消えるとされますが、実際にローンやクレジットカードの審査を受ける前には、開示請求を行い、消えているかどうかを確認してから、審査を受けるようにする事が大切です。
そして、自己破産したら影響が出るのは、持ち家や車等、処分できる財産がある場合です。
必要最低限の現金と預金以外は処分する事になるので、何もない状態から生活を立て直す事になる事も珍しくありません。
更に、弁護士や司法書士等の士業、警備員や会社役員として働いている場合、数ヶ月、仕事を失う事になります。
ただ、自己破産をしたら、パスポートが取れなくなる、海外旅行に行けなくなるといった事はありません。
ですから、極端に生活が不便になるという事はありません。
自己破産したら出てくる影響は、その人の状況によって大きく変わります。
実際に出る影響については、弁護士等に相談した際にしっかりと確認しておく事が大切です。