自己破産ができないと言われた!※知らないと怖い債務整理とは

自己破産ができないと言われた!※知らないと怖い債務整理とは

自己破産ができないと言われた!※知らないと怖い債務整理とは

最近では主婦の方に対しての融資が消費者金融業者などによって積極的に行われていますので、生活費の不足分や必要な出費のためについつい借り入れをしてしまっている人も多いのではないでしょうか。
家族に内緒で借り入れを行っている主婦の人の場合で、すぐに返済を行うつもりが金利分の支払いがなかなか終わらなくて、気付いてみれば借金の金額が多額に膨らんでしまうケースもあります。
そのような自分の力だけではどうしても支払うことができない借金額になってしまったときには、自己破産をしたいと検討している主婦の方もいるでしょう。
自己破産の手続きでは、家族の給料明細書などを揃えることができれば、家族の人に知られることなく手続きを行うことができます。
自己破産をすることによって、抱えている借金の支払いを全てしなくて済むようになります。
ただし、自己破産のデメリットとしては、99万円を超える金額の現金や20万円以上の価値のある財産については処分しなければならなくなります。
住宅を購入している人の場合では、名義が夫であっても共有財産と判断されたときには差し押さえの対象になってしまうことが考えられますので、注意してから行うようにするべきです。
また、消費者金融業者のキャッシングや銀行のカードローンなどを使って借り入れをしていたときには、保証人無しで融資を受けていることが多いと言えますが、もしも連帯保証人が必要な融資を受けていたときに自己破産をすると、連帯保証人に請求がいくことになります。
大きなリスクを抱えずに借金問題を解決したいと考えている主婦の人の場合には、債務整理の手続きのうちの任意整理を行うことも可能です。