自己破産後の事が心配【※法律事務所で相談って出来る?】

自己破産後の事が心配【※法律事務所で相談って出来る?】

自己破産後の事が心配【※法律事務所で相談って出来る?】

自己破産を行うことを検討しているという人にとって気になるポイントは数多くありますが、中でも特に気になるポイントとなっているのが「自己破産後の生活に変化があるのかどうか」というところです。
自己破産は債務に苦しむ生活を終わらせ、生活を再スタートさせるという目的があるのですから、自己破産後に大きな変化がでるというようなことになってしまうのであれば、二の足を踏んでしまうのは当然でしょう。
では自己破産後の生活の変化にはどういったものがあるのでしょうか。
まず最も大きな変化になり得るのが「高額な財産などは没収・処分される」ということです。
原則としては99万円を超える部分の現金と、一つで20万円を超える財産の全てが処分の対象として扱われます。
そのため、そうした高額な財産に囲まれて生活をしていたというような場合には、それらの財産の多くを失ってしまうことになるでしょう。
ただ価値の判断は「時価」をベースとして行われることとなりますから、一般家庭で財産の全てを失うということは無いと言えます。
また「信用情報に傷が付く」ということも変化の一つとなります。
信用情報は個人信用情報機関に蓄積される、それぞれの消費者の金融機関における信用度を証明するものです。
自己破産という情報はこの信用情報の中に記録される情報の中でも特に重大な物として扱われ、10年間は記録が残ることとなります。
ですから、自己破産後の10年間は新しい借金ができないと考えておくべきなのです。
しかし自己破産をしたからと言って社会的な立場が悪くなると言ったようなことは殆どありませんから、必要なのであれば利用を検討するべきであると言ってよいでしょう。