自己破産と住宅ローン【※債務整理で家族に迷惑かけない方法】

自己破産と住宅ローン【※債務整理で家族に迷惑かけない方法】

自己破産と住宅ローン【※債務整理で家族に迷惑かけない方法】

努力を行っても、背負っている借金の完済に向けてどうしたらよいのかわからない人もいると思います。
返済できない借金を抱えてしまう状況になってしまった人が、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼することによって、借り入れを行っている貸金業者に返済できないことを裁判所に認めてもらって、借金の支払い義務を帳消しにしてもらう手続きのことを自己破産といいます。
自己破産は債務整理のうちのひとつの種類ということができるもので、自己破産などの法的な手続きを行ったときには信用情報機関において情報が登録されます。
従って、住宅ローンや自動車ローンをはじめとした様々なローンについてや、クレジットカードなどを作ろうと考えたときに金融業者に申し込みを行ったとしても、審査の段階で通らないと言えます。
自己破産の場合には手続きを行ってから、およそ10年ほどは信用情報機関において債務整理を行った情報が登録されることになりますので、その期間は住宅ローンなどの申し込みを行ってもローンが組めないものと考えておいたほうが良いでしょう。
ですので、債務の整理をしたいと考えている人の場合には、住宅ローンを残して他のローンについて整理することがおすすめです。
任意整理の場合には一定の財産を残しながら借金の整理ができる手続きとなっていますので、日常生活に必要になってくるものについてのローンを残しながら手続きを進めることが良いです。
任意整理などの法的な手続きを行うときには、それぞれの人の状況に応じた対策を行うことが大切ですので弁護士などの専門家に相談することが最適です。