自己破産にかかる期間はどのくらい?【借金問題早く解決したい!】

自己破産にかかる期間はどのくらい?【借金問題早く解決したい!】

自己破産にかかる期間はどのくらい?【借金問題早く解決したい!】

借金問題の代表的な解決策である自己破産ですが、実際行うにあたって気になるポイントが、手続きに要する期間です。
自己破産の申し立てを行えば、その時点で支払い義務が一時停止になり、貸金業者からの督促もストップする為、実生活上の借金にまつわる大きな問題は解消されますが、やはり真の安心を得る為には少しでも早く免責許可を得たいところです。
自己破産手続きがどのくらいの期間で完了するのかに関しては、管財事件となるか同時廃止となるかによって大きく異なってきます。
自己破産というものは、どれだけの借金があっても免責が認められれば全て解消できる一方、当然ながら高額の財産を所有している場合は債権者に配当されることとなりますが、申立人に換価すべき財産がある場合、裁判所によって破産管財人が選任され、管財事件として扱われます。
この場合、破産管財人によって財産が管理され、債権者集会などを経て配当を行ってから免責許可の手続きに移るという流れとなる為、完了までに概ね半年から1年程度の期間を見込むことが必要です。
一方、換価して債権者に配当すべき財産を申立人が所有していない場合、破産管財人を選任せずそのまま破産手続きを廃止し、免責許可の手続きに移ることになります。
これを同時廃止といいますが、この場合は当然ながら期間が大幅に短縮され、3ヶ月から半年程度での完了が期待できます。
また、何れの場合であっても弁護士に依頼することで、よりスムーズに手続きを進めることが可能です。