自己破産しても免責にならない場合は?※債務整理のメリットデメリット

自己破産しても免責にならない場合は?※債務整理のメリットデメリット

自己破産しても免責にならない場合は?※債務整理のメリットデメリット

近年の日本では貸金業者から融資を受けた人の中で、返済ができない状態に陥ってしまっている人も多くいます。
借りたお金については返済することが常識ではありますが、社会の中で生きていく上で日常生活を送ることが難しくなるほどの借金を背負ってしまったときには、法的な救済手段を行うことができます。
国が用意している法的な救済措置としては自己破産という手続きがあり、裁判所において借金の支払い能力がないことを認めてもらうことで、借金の返済義務を免責してもらうことができます。
自己破産の手続きを行うと全ての借金についての支払い義務がなくなるわけですが、財産の処分も行わなければならないために、支払い能力について不能でないのであれば任意整理や個人再生などの別の債務整理の手段を行うこともできます。
破産宣告については法律的な知識が必要とも言えますが、自分で手続きを行うことも可能です。
弁護士に依頼したほうがスムーズに進めることが可能と考えられますが、費用がかかることも計算しておいたほうが良いでしょう。
破産の宣告だけではなくて、免責の申し立てをしなければならず、免責の申し立てについては期限がありますので不安な人の場合には、弁護士や司法書士に依頼することで確実に手続きが行えると言えます。
借金問題に関しては時間をかけて良いことはほとんどありませんので、自己破産をしようかと悩んでいる人の場合には早めに手続きを進めることが大切です。