自己破産について流れを知りたい※弁護士選びと債務整理の事

自己破産について流れを知りたい※弁護士選びと債務整理の事

自己破産について流れを知りたい※弁護士選びと債務整理の事

債務整理のうち、代表的なものは任意整理または自己破産です。通常前者はある程度収入があり、しかも売却できる家財道具がある人にお勧めです。そうでない場合は、後者の自己破産となります。
その自己破産ですが、どのような流れになっているのでしょうか。まず、弁護士や司法書士に依頼して手続きを行います。この時、受任通知を金融機関に出してくれるので、その時点で督促が止まります。その後は弁護士、または司法書士にいわれた必要書類をできるだけ早く揃えて、提出します。その後破産申立が行われますが、この時、職業によっては一時的に仕事に就けなくなるものがあります。士業や金融関係の職業がそれに当たりますが、すべての流れが終わった時点で、元通りに復権できます。また、破産申立の場合、司法書士が代理を行えるのは、債務額が140万円までの場合に限られます。このため、140万円を超える場合は自分で申立を行うことになりますが、もちろん書類もつくってくれますし、裁判所にも同行してくれます。
破産申立後の流れとして、免責があります。これで、債務がすべて帳消しにされ、借金から解放されます。個人の場合は、申立からさほど時間をおかずに免責が下ります。
自己破産後はしばらくキャッシングやクレジットカードの申込が出来なくなります。また、官報に氏名が記載されますが、これに目を通す人は非常に限られます。また、一度自己破産をすると、二度目以降の破産はできにくくなりますし、申立が出来ても免責が下りないことがありますので、二度と同じ経験をしないよう、それまでの生活を改めることもまた必要です。