自己破産するのは2回目【※借金整理を賢く進める手順ガイド】

自己破産するのは2回目【※借金整理を賢く進める手順ガイド】

自己破産するのは2回目【※借金整理を賢く進める手順ガイド】

どのような方法を試しても借金の返済が無理だと判断した時には、自己破産を行うしかなくなります。家や車、貴金属などの財産を手放さなければならないというリスクはありますが、自己破産をすれば借金が全額免責となりますので、借金地獄から抜け出すためにも利用したい制度です。
実はこの自己破産は、2回目以降も利用できます。一度限りの切り札という訳でなく、裁判所の許可さえあれば、何度でも利用できる仕組みになっているからです。
しかし、2回目以降の自己破産は1回目よりハードルが高くなるとされています。まず、1回目の利用から2回目までの間が7年以上経っていないと自己破産は行えません。次に、1回目の反省が活かされていないと裁判所に判断されてしまう恐れがあり、よほどの理由がないと認めてもらえないという問題が生じます。
このように2回目以降の自己破産は大変厳しい道となりますので、まずは弁護士に相談するのが一番の解決方法です。弁護士はその道のプロですので、あらゆる手段を駆使して実現への道を切り開いてくれます。100%実現できるとは限りませんが、素人が自力で行うよりも大幅に確率が高くなります。
弁護士が所属する多くの法律相談事務所では、無料相談を受け付けてくれていますので、そのようなサービスを提供しているところに頼めば、費用をかけずに悩みを打ち明けることができます。また、生活状況次第では、自己破産とは別の解決策もアドバイスしてくれることもあります。