自己破産したら奨学金は?※知っとこう!債務整理の常識!

自己破産したら奨学金は?※知っとこう!債務整理の常識!

自己破産したら奨学金は?※知っとこう!債務整理の常識!

自己破産は全ての借金が免除される制度ですが、奨学金に関する対応が気になるはずです。基本的には全ての借金が対象となるため、奨学金に関しても自己破産の対象となります。奨学金が問題となるのは、借りる際に連帯保証人が必要な点にあります。本人が自己破産をしても連帯保証人には支払の義務が残りますので、連帯保証人も支払えない場合は一緒に破産することになるのです。連帯保証人があるために、奨学金で自己破産をすると家族はもちろん親戚関係など連帯保証人になってもらった人との関係を失うことになりかねないため、注意しなければならないと言えます。一方で両親や家族に自己破産をした人がいると奨学金の借り入れ審査に通らないという話がありますが、基本的には借りる人が返すわけですから、親の問題は全く別の話となります。しかし親に連帯保証人になる資格が無い場合もありますので、連帯保証人を付ける難しさがあるのです。親が連帯保証人になれなくても、保証機関を利用することが可能ですから審査に通らない不安は少ないと言えます。しかし奨学金には利用枠がありますので、属性の厳しい環境では審査に通らないこともあるのです。自己破産は原則として全ての借金が免除されますので借金が残ることはありませんが、連帯保証人などで人間関係は悪化してしまうのが普通です。誰にも迷惑をかけずに債務整理をする場合には任意整理を選択するのが良い方法ですが、任意整理ができないために行うのが自己破産ですからそれなりの覚悟は必要なのです。