自己破産したら今後どうなる?※家族へ影響・職場の問題など徹底ガイド

自己破産したら今後どうなる?※家族へ影響・職場の問題など徹底ガイド

自己破産したら今後どうなる?※家族へ影響・職場の問題など徹底ガイド

多重債務者になり、自分では返済能力がもうないと考えるときに自己破産を勧められます。
しかし、自己破産したらその後の生活や仕事に影響は大きくはありません。
ただ、自己破産したら官報に一度だけ破産者として氏名と住所が掲載されます。
官報は、誰でも閲覧をすることはできます。
ただ、普通はヤミ金の業者がそれを確認して案内状を送付することだけです。
自己破産したら、影響としてでるのはクレジットカードが使用を停止されます。
また新たに、クレジットカードを申請しても審査には落ちることになります。
これは、信用情報が金融機関に回るからです。
そのために、ローンを組む事ができず全て現金で支払いになります。
他にも、役員になれないなどがありますが一般人にはあまり影響はでてきません。
ただ、この信用情報も永久ではなく7年くらいで消えるとされています。
つまり、この期間だけはクレジットカードやローンが組めないだけです。
確かに、ネット社会の現在ではクレジットカードが使用できないのはとても不便です。
しかし、自分が借りたお金を返済することなく無効にしてもらった結果になります。
このクレジットカードを、使用できない期間はその反省期間として真面目にやり直すことです。
そのために、裁判所が自己破産という認定をしてくれたのです。
人生のなかでの、普通の人では考えられない大チャンスをもらったのです。
少しの影響のなかでの、不便は甘んじて受けることが大事です。