学生が自己破産すると?【借金が返せない!?借金問題解決】

学生が自己破産すると?【借金が返せない!?借金問題解決】

学生が自己破産すると?【借金が返せない!?借金問題解決】

若い学生の方で、借金することについて、いくら借金しても困ったら自己破産すればいいと考えてる方もいらっしゃるかもしれません。
これはまともな考えといえるでしょうか?
いいえ、その逆であるといわなければなりません。
その理由は、自己破産を申請しても、学生であればそう簡単に免責は下りないからです。
免責とは、借金をゼロにしてもらうことですが、その許可は学生の場合は容易には下りないのが現実です。
なぜでしょうか?
その理由の一つは、学生であれば両親が健在である場合が多いからです。
もし両親がまだ健在で、なおかつそのどちらかが働いているのであれば、本人が抱えた借金については、その親が返済するように求められると思います。
学生の代わりに借金を返済できる親族がいるとしたら、裁判所としてもそう簡単に自己破産を認めるわけにはいきません。
したがってこの意味においてまず、学生は自己破産の許可が下りづらいといえます。
他にも許可が下りづらい理由があります。
それは、若い人が借金を抱えるケースというのは、その多くの場合で競馬や競輪などのギャンブルですが、こうしたギャンブルで借金を抱えた場合には、自己破産申請をしても免責が下りづらいのです。
なぜなら、ギャンブルで借金を作ることは一種の浪費であるとみなされ、浪費は免責不許可事由に該当するからです。
免責不許可事由が見出される場合には、裁判所としても自己破産を許可するわけにはいきません。
学生のみなさんは、くれぐれもこうした点を覚えておいてください。