自己破産は主婦がするとどうなる?【債務整理の方法ガイド】

自己破産は主婦がするとどうなる?【債務整理の方法ガイド】

自己破産は主婦がするとどうなる?【債務整理の方法ガイド】

働いている人に限らず、専業主婦であっても、お金が必要な時というのはあるものです。カードローンやクレジットカードの中にはご主人に安定収入があれば、専業主婦でもカードを申し込めるものがあります。しかし、ご主人に内緒でカードを使い続けた場合、収入がないために支払いが困難になることも十分ありえます。
どうしても支払いが無理になったなら、自己破産を行う手もあります。自己破産をしてしまうと、ご主人への影響や、これから住宅ローンを申し込もうとする時に悪影響が出るのではないかと心配されるでしょうが、自分自身が契約者や保証人にならないのであれば、ご主人がローン契約を結ぶ上で審査へ影響を及ぼすことはありませんので安心しましょう。
しかし、住宅ローンは高額になりますから、ご主人の収入だけでは利用できる範囲が狭まってしまう可能性があります。そこで専業主婦を辞めて仕事を始め、共同名義で住宅ローンを組もうとしても、自己破産が原因で審査が通らない問題が発生してしまいます。
このような問題を考えると、安易に自己破産を利用するのは注意すべきです。自己破産だけでなく、借金問題を解決するには他にも方法が用意されていますので、十分検討の上で利用する方法を選択しましょう。例えば、弁護士などに依頼して解決を目指す任意整理なら、ローンの審査に影響を及ぼす心配がありません。借金は原則として全額返済をすることと、ローンやキャッシングなどを利用の際には無理な借り入れをしないように心がけましょう。